HOME>オススメ情報>骨が不足しいる場合は骨量を増やす治療を行う

まずは精密検査を受けよう

インプラント

歯を失った場合の治療としては、入れ歯やブリッジという選択もありますが、インプラントは周囲の歯に負担を掛けず、それでいてしっかりと噛めることや審美性に優れていることもありやや費用は高くてもこの治療を選ぶ人が増えています。とはいえ、誰もが対応できる治療というわけではありませんので、まずは問題なく治療ができるか精密検査を行うことになります。骨量が不足していると埋め込みできない場合もありますので、まずは歯科医師に治療可能であるかを判断してもらいましょう。骨量が不足していると人工歯根を埋め込むことができない、埋め込みできた場合でも早期に脱落してしまう可能性があります。かつては、骨量が不足している場合はインプラント治療をあきらめることも珍しくありませんでした。今では、治療もより進化し骨量が不足している場合も骨移植という形で治療できることが増えています。

選ぶ治療によって費用は変わる

インプラント

骨量が不足している場合は、入れ歯など別の治療を選ぶこともできますが、やはりインプラントにしたいという場合は、先に骨移植の治療を行うことになります。骨移植を行う分、治療費はプラスされますが選ぶ治療方法によっても費用は変わってきます。そして同じような治療でも歯科医院ごとに治療費は変わりますので複数のクリニックで比較してみるのも良いでしょう。骨移植の治療も患者自身の骨を採取し、不足している場所に移植する治療もあれば、自身の骨のかわりに代用骨を利用する方法もあります。インプラント治療を成功させるためにも重要な治療となりますので、骨移植の技術や知識が豊富な歯科医院を選びましょう。申し込む前にはクリニックの実績や評判はしっかりと確認しておきたいところです。

広告募集中