重度の口内トラブルは骨を削る必要がある

治療器具

インプラントは体の中に機能を補助する機器を埋め込む治療法全般を指しますが、一般で広まっているのは主に歯を失った後に埋め込むタイプです。その治療法の流れとしては事故や口内トラブルによって治療不可になった歯を抜歯した後に、骨の補修剤を塗って保護膜を張り付けて骨の修復を待ちます。そして骨の修復が完了したら、その骨部分にネジを埋め込んで固定する土台を作るのです。ネジを埋め込んで骨が引っ付き動かなくなったことを確認したら、その土台の上に無菌加工したプラスチックの歯もしくは金や銀の歯を装着することで治療が完了します。インプラントは入れ歯と違って外れる心配がないので、通常の歯と同じように噛む行為が出来るのがメリットです。しかしそんなインプラントも全く弱点が無かったわけではなく、開始当初においては埋め込むのに条件があったのです。それは事故や口内トラブルによって治療不可になった歯を抜歯するときに、その空いた穴の大きさが抜く前の歯の大きさだけで終わっているのが条件になります。事故や口内トラブルの状態によっては、歯を抜くだけで終わらずに周辺の骨部分まで削る必要があるのです。しかし削った骨の大きさが広くなりすぎると骨の修復よりも、別の骨の状態を維持するために細胞が活動を開始します。そのため補修剤を使っても、開いた骨の穴は塞がらずそのままの状態になるのです。それでは固定するための土台を装着できないので、インプラント治療自体が出来なくなります。開始直後に合ったインプラントの弱点でしたが、この弱点を克服するために始まったのが骨移植という方法です。

削ってもよい骨があるので利用する

インプラント

重度の事故や口内トラブルによって治療不可になった歯を抜歯した後に骨が元に戻らないことを確認出来たら、それでもインプラントを望む場合患者に骨移植の治療法を説明します。その方法というのが、抜歯した後の骨が元に戻らないほどにダメージがあった時に手術で腰や足には削ってもよい骨が存在するので機能に異常が出ないレベルで削ります。腰や足から骨を削ったら粉砕機にかけてパウダー状にし、パウダー状になったら接着剤を混ぜて塊にします。その接着剤によって塊になった骨のパウダーを、大きく開いた骨の部分に埋め込んだ後に雑菌が入らないように保護膜を貼り付けるのです。治療した部分から膿が出ないように通院して消毒液を塗ってもらいながら、1ヶ月以上を目安にして骨の状態を見ます。そして空いた骨がふさがっていることを確認出来たら、インプラントをはめ込むという治療に移行します。従来の骨移植は豚などの生き物から抽出する方法だったのですが、これの場合拒絶反応が起きるリスクがあったのです。しかし自身の骨から抽出することで、拒絶反応を起こすリスクが無く生きた細胞が活動して修復するので元の状態に戻るのが骨移植のメリットになります。

広告募集中